肉うどん

「 ゲーム 」 一覧

PC版マギレコ(BlueStacks)の画面比率を4:3などに変更する方法

PC版マギアレコードがDMM GAMESにて配信されました。が、蓋を開けてみれば移植ではなく単にBlueStacksで動作するものでした。エミュレータ上でAndroid版がそのまま動作している状態なので要求スペックもメモリ8GB以上と無駄に高いです。

それはさておき、BlueStacksを使っているということは設定変更で色々遊べるので遊んでみましょう。※レジストリを直接編集します。自己責任でどうぞ。

続きを読む »

【マギレコ】竜真閃光爪牙が奥義な竜真流ってヤバない?

竜城明日香の★5覚醒・ドッペル解放が発表されました。めでたい。

さて、竜城明日香のマギア「竜真閃光爪牙」は、本人によれば「これが竜真流の奥義」だそうです。冷静に考えると絶対嘘だろとしか思えませんね。

続きを読む »

【マギレコ】秋葉原のアリナブリリアントギャラリーでホーリークリスマスキューブをもらってきた

2018年12月21日~25日 各日9:00~21:00の間、秋葉原UDX サボニウス広場にて「マギアレコード ホーリークリスマス2018 in 秋葉原UDX ~ALINA BRILLIANT GALLERY~」が開催され、一定のタイミングで「ホーリークリスマスキューブ」を配布するというので行ってきました。

続きを読む »

【3DS】楽天でPQ2のDL版を買った 公式で買うより安くて楽天ポイントも使える もちろんあらかじめダウンロードも可能

楽天ブックスでペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス(ダウンロード版)を買いました。11月29日発売予定ではありますが、ダウンロード版は引換番号が即時発行されて返品もできないので、予約ではなく買ったと言っても差し支えないでしょう。引換番号が即時発行されるため、楽天ブックスで購入した場合でも「あらかじめダウンロード」は可能です。

当初Amazonで予約していたのを、ダウンロード版でも付属物には違いがないようなので取り回しのいいダウンロード版に切り替えました。

続きを読む »

【Vita】ペルソナダンシング デラックス・ツインプラスが今極めて安いので主にDLC目当てで購入した

ペルソナダンシングはいま全体的に値崩れしています。PS4版も持っていますが、あまりに安いのでVita版も今回追加購入しました。ジョーシンWeb通販での購入時の価格は5,300円でした。

今ならAmazonのAmazon限定ありセットのほうがお安いのでそっちのほうがオススメです。PS Vitaテーマ2種付きとされているのが今も本当に付くのかは分かりませんが、価格が変わらないなら限定ありセットのほうを買ってみるほうがいいでしょう。

続きを読む »

【マギレコ】マギア発動時に技名を叫ぶ魔法少女まとめ&全魔法少女マギア台詞集

マミズムを受け入れられる魔法少女が神浜にどれだけいるのか気になったので、マギア発動時に技名を叫ぶ魔法少女を調べてみました。また、ついでなので台詞も文字起こししてみました。※各台詞は聞き取りのため細部に相違があるかもしれません。

続きを読む »

Switch用のJoy-Conとドッキング可能なキーボードが1年近く延期していてもう発売されないのではという疑惑と、その代替となる商品について(追記あり)

レトロフリークなどでおなじみのサイバーガジェットがNintendo Switch用のJoy-Conとドッキングできるキーボードを出すと発表してから既に1年近く延期していて、もう発売されないのでは? という疑惑が湧いています。もともとは去年の9月発売として発表されていたものですが、発売日が近づくごとに延期され、今回も5月末発売だったのがまたいつの間にか6月末に延ばされていました。

続きを読む »

HORIのSwitch用十字キー付きコントローラーはお絵描き用の左手デバイスとして使えるか?

HORIから Nintendo Switch用十字キー付きコントローラー が発表されました。機能を削減することで純正品より低価格となっています。2018年7月発売予定。これはお絵描き用の左手デバイスに最適では? と一瞬考えたのですが……。

続きを読む »

GPD WINの小さい画面で小さい文字を小さいまま読みやすくするためのあれこれ(MacTypeの導入やフォントの入れ替え等)

ゲームパッド付き小型パソコンGPD WINは小型であることが利点であり、欠点でもあります。画面が5.5インチと小さければ、当然ながら表示される字も小さくなってしまいます。800×600などの解像度で設計されたゲームであればフルスクリーン表示でさほど困らないものの、「パソコン」として普通に使おうとなると困る場面もちらほら。

文字サイズはDPIの調整にてある程度大きくすることもできるとはいえ、過剰に大きくすると画面項目が収まらなくなったりする弊害もあり。やはり根本的な解決としては、字を大きくするのではなく、小さな字をできるだけ小さいまま読みやすくすることが肝要といえます。

ここでは小さい文字を読みやすくするための設定やらを記載していきます。

続きを読む »

GPD WINにAnniversary Updateを適用するついでに日本語OS化する

英語版Windows 10は言語パックで表示上は日本語にできます。でもベースは英語OSだから一部アプリで不具合が起きたりだとか、そういう問題があるらしいとたまに聞きますね。

さて、GPD WINの出荷状態ではWindows 10 Version 1511で、ふつうはここからWindows Update経由でAnniversary Update (Version 1607)を適用するわけですが、実はメディア作成ツールでWindows 10 Anniversary Update上書きインストール用のUSBメモリを作ると「言語」を選べるんですよね。

まあどうせAnniversary Updateはしなきゃいけないし、ついでに日本語OS化できるならやっておいたほうがよかろうということで、気軽にやっちゃいました。レッツ上書きインストール!

続きを読む »

GPD WINのモニタの表示色は薄すぎる(調整法あり、調整すれば比較的まともに発色する)

GPD WINの液晶はデフォルトの状態では全体的に色が薄く、白飛びして見えます。ただし色域の幅自体が狭いというわけではない感じで、ずっと見ていれば色覚恒常により脳が補正してそれっぽく見えるようになりますが、スリープからの復帰時のように画面から目を離していたあとに見ると色味が異様に薄く見えて気持ち悪いです。

結論から言ってしまえばGPD WINのモニタはガンマ値の設定がイカレています。逆に言うとガンマ補正だけ適切にしてやれば、かなりまともになります。

続きを読む »

GPD WINでヴェスタリアサーガポータブル

ゲームパッド付き小型パソコンGPD Winでヴェスタリアサーガ(SRPG Studio製ゲーム)をやるときの設定など。

GPD WIN本体についてはこちら→【レビュー】GPD WINはミニPC史上最高のマシン。もちろんゲームもできる【ゲームパッド+QWERTYキーボード搭載5.5インチWin10PC】

続きを読む »

GPD WINで初めて英字キーボードに触れた人用、英字キーボードFAQ

GPD WINで初めて英字キーボードに触れたという人も多そうという気配を感じたので、英字キーボードで困りそうなところのFAQを念のため記載しておきます。

続きを読む »

GPD WINでアスカ見参ポータブル

ゲームパッド付き小型パソコンGPD WINでアスカ見参をやるときの設定など。アスカ見参にはSafeDiscというコピープロテクトが採用されており、インストールしただけではWindows 10で動かせません。その対処法についてを中心に記載します。

GPD WIN本体についてはこちら→【レビュー】GPD WINはミニPC史上最高のマシン。もちろんゲームもできる【ゲームパッド+QWERTYキーボード搭載5.5インチWin10PC】

続きを読む »

【レビュー】GPD WINはミニPC史上最高のマシン。もちろんゲームもできる【ゲームパッド+QWERTYキーボード搭載5.5インチWin10PC】

ゲームパッド+QWERTYキーボード搭載5.5インチWindows 10 PC、GPD WINが届きました。結論から言うとGPD WINはミニPC史上最高のマシンです。今回はファーストインプレッションとして気になっていたあれこれを眺めていきますので参考にどうぞ。

GPD WINは3DSLLサイズの筐体にフルWindowsを詰め込んだミニPCで、64ビット版Windows 10を採用することからx86およびx64プログラムが普通に動くため、PCゲームが3DSライクにポータブルで遊べます。

基本的には以前に GPD WINは自作ゲーム界に革命を起こすPCとなるか で書いた想像通りで、答え合わせというか記事の焼き直しみたいな部分もありつつ。ここはほぼ最初のイメージどおりの製品を完成させてくれたGPDに拍手です。

続きを読む »