肉うどん

「 タブレットPC 」 一覧

Surface Go 2とSurface Book 3が予約受付開始、5月12日から順次発売

米MicrosoftからSurface Go 2やSurface Book 3とその周辺機器などの新製品が発表され、日本のMicrosoft Storeなどでも予約受付を開始しています。Surface Go 2は5月12日発売、Surface Book 3は6月5日発売予定。

続きを読む »

デタッチャブル型のタブレットPCが絶滅の危機に瀕しているが、もう絶滅してもいいのかもしれない

2020年版のタブレットPCのまとめを書いた際の実感として、2020年の市場においては、デタッチャブル型(セパレート型)のタブレットPCが明らかに少なくなってきています。その理由について考察しました。

続きを読む »

【58機種】お絵描きWindowsタブレット(ペン採用機種)まとめ2019-2020

液タブのように使える、筆圧ペン対応のWindowsタブレットについてまとめました。ここでは2018年4月から2020年3月までに発売した機種を対象としています。2018年2月以前に発売した機種は今回記載していないので、旧機種と比較したい方は2018年版を参照願います。

ここではペンの方式ごとに、画面サイズ順で記載しています。画面サイズのインチ数は対角線の長さを表すため、同じインチ数であれば正方形に近いほど面積が大きくなります。各機種には発売月も併記しています(海外モデルも日本での発売月を記載しています)。

今回もたいへん項目が多くなったので、目次も活用していただくといいかと思います。このまとめが機種選びの参考になれば幸いです。

続きを読む »

ワコムfeelドライバーのバージョン7.6-41が公開されました しかし…

Wacom Americasの配布ページにて、ワコムfeelドライバーのバージョン7.6-41が公開されました。さっそくraytrektabやGalaxy Book 12.0にインストールしようとしてみたのですが……。

※ワコムfeelドライバーとは何ぞやという方は ワコムfeelドライバーの現状について をご覧ください。

続きを読む »

MobileStudio Pro 13(2019年モデル)販売開始、12月12日発売 メモリとSSDが交換可能になった新型

ワコムのPC一体型タブレットの2019年モデル、Wacom MobileStudio Pro 13(DTHW1321LK0D)がワコムストアにて販売開始しました。2019年12月12日発売予定。

MobileStudio Pro 16発売時に後日発売予定とされていた、13型モデルが発表されました。今回の構成・スペックは15.6型同様に1種類のみで、ワコムストアでの価格は228,800円(税込)。

続きを読む »

MobileStudio Pro 16(2019年モデル)予約受付開始、10月18日発売 メモリとSSDが交換可能になった新型

ワコムのPC一体型タブレットの2019年モデル、Wacom MobileStudio Pro 16(DTHW1621HK0D)がワコムストアにて予約受付開始しました。10月18日発売予定。今回の構成・スペックは1種類のみで、ワコムストアでの価格は418,000円(税込)。

以前、日本国内での販売は未定であるとして取り下げられた新型モバスタが改めて発表されました。※13型モデルは後日発売予定とされています。

続きを読む »

Surface Pro 7とSurface Laptop 3が販売開始 10月23日発売

10月2日に米マイクロソフトから発表されたSurface Pro 7とSurface Laptop 3が日本国内でも予約受付開始しています。日本での発売日は10月23日。

続きを読む »

10インチraytrektabの性能アップ版「DG-D10IWP2」と、三菱鉛筆コラボのデジタイザペン(ワコムEMR)が販売開始

お絵描きタブレットPCの雄、raytrektab(10インチ版)に性能アップバージョンが登場です。CPUをIntel Pentium Silver N5000に、OSをWindows 10 Proに変更した raytrektab DG-D10IWP2 が販売開始しています。価格は82,800円(税込)。

また、DG-D10IWP2購入者にはもれなく三菱鉛筆コラボデザインの筆圧感知ペン 三菱鉛筆9800 デジタイザペン(税込価格3,980円)をプレゼントするキャンペーンを実施とのこと。 このデジタイザペンは単体販売もされています。

10インチ版raytrektabの基本的な使い勝手は【レビュー】raytrektab DG-D10IWPで絵を描く【ワコムペン搭載10.1型Winタブ】を参照願います。

続きを読む »

8インチ版raytrektab DG-D08IWPが販売終了(追記あり)

ドスパラ通販にて8インチ版raytrektab DG-D08IWP Siro(レイトレックタブ DG-D08IWP シロ)が完全に販売終了となりました。もはや商品ページには「この製品は販売を終了いたしました」の文字が躍るのみとなっています。2018年6月に白色モデルが販売開始してから約1年後の出来事でした。これにより8インチのお絵描きWindowsタブレットは再び絶滅の道を辿ることになるのか……?

続きを読む »

イオシスで大量販売中のARROWS Tab Q506/MEはペン非対応とのこと

イオシスが2019年4月頃に大量入荷し、1万円弱で販売中の富士通 ARROWS Tab Q506/MEが話題となっています。

富士通の10.1型Windows10タブレット「ARROWS Tab Q506/ME」は(カタログ上では)ワコムの電磁誘導式デジタイザーペン対応モデルですが、イオシスで販売しているものにはペンが付属しないことから当ブログの別売りペンの記事にもアクセスが増えているため、記載しておくことにします。

結論から言うと、今回入荷されたQ506/MEは個別カスタマイズによりペンの機能が削除されているとのことです。

続きを読む »

ワコムfeelドライバーの現状について

ワコムfeelドライバーについてはすぐにアップデートされるだろうと思って特に話題にしていなかったんですが、いつまで経っても問題が修正されないので2019年1月現在の状態を書いておきます。

続きを読む »

【レビュー】raytrektab DG-D10IWPで絵を描く【ワコムペン搭載10.1型Winタブ】

raytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)は4,096段階の筆圧感知に対応するWacom feel ITペンを採用した10.1インチのWindows 10 タブレットPCです。購入して一通り使ってみたので、すでに店頭デモ機で確認済みのことも含め、改めてお絵描き目線で色々見ていきます。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP (10インチモデル) が受注再開(ただし納期は2週間後)

予約の時点ですでに品切れとなっていたraytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)がドスパラ通販にて受注再開しています。ただし納期は2週間後となっています。

続きを読む »

【実測】10インチ版raytrektabのペンのスキャンレートは360Hz

raytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)のワコムペンは筆圧4,096段階に加えて、低遅延&トラッキングパフォーマンスの向上をアピールしていました。しかしスペックシートには遅延やトラッキングに関する具体的な数値は記載されていません。

実際に触ってみてペンの感触は良好ですが、トラッキングパフォーマンスについて客観的に評価するため、スキャンレートを測定してみます。

ペンのスキャンレートとは、アナログなペンの動きのストロークをデジタル変換する際に、秒間に読み取る回数です。pps(ポイント/秒)またはHz(サイクル毎秒)で表現されます。当然ながら数値が高いほど滑らかに描けると期待されます。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP (10インチ版) の実機を触ってきたけど表面にブヨブヨしたシートが貼られてて書き味の良否は正直よく分からんかった

ドスパラ秋葉原本店などではraytrektab DG-D10IWPの実機展示が始まっていると聞いて触ってきたのですが、展示機は正直に申し上げて書き味がどうこう言える状態ではなかったというのが包み隠さぬ本音です。

続きを読む »