肉うどん

「 タブレットPC 」 一覧

新型raytrektab (10インチ版) 販売開始 12月25日発売、最新のワコムペン搭載のクリエイター向けWindowsタブレットPC

以前から開発中と予告されていた新型raytrektab(10インチ版)ことraytrektab DG-D10IWPが発表されました。ドスパラ通販で予約受付開始しています。価格は73,889円(+税) で、税込79,800円。

raytrektab(レイトレックタブ)は絵描き向けとして開発され、8インチの手軽さと5万円の低価格、ワコムペンの書き味でポータブル液タブとして人気を博したタブレットPCでしたが、それ1台で仕上げまでやるのは少々無理があるため、画面の大型化やスペックの向上が望む声が挙がっていました。

なお、raytrektabの開発元はサードウェーブデジノスで、サードウェーブグループであるドスパラ専売の商品です。

続きを読む »

VAIO A12

VAIO A12発表&予約開始、ワコムAESペン対応の分離合体型2-in-1 あのVAIOがN-trigを捨ててお絵描きタブレットPCの世界に帰ってきたぞ!!

VAIO株式会社の新型2-in-1、VAIO A12が発表され、即日予約開始しています。11月22日頃出荷予定。価格は最小構成で121,800円(税抜)。

VAIO A12(個人向け) / VAIO Pro PA(法人向け)はタブレットPCとキーボードドックが合体してクラムシェル状となる、デタッチャブルタイプ(分離合体型)のPCです。

続きを読む »

raytrektabの黒色モデルが終売か、ドスパラ内の検索にも出なくなった Siroモデルはまだ買えます

ドスパラ通販にてraytrektab DG-D08IWPの従来型(黒色モデル)の在庫切れが続いています。これが単に今だけ売り切れているのかというとそうではなく、ドスパラ通販内でDG-D08IWPを検索しても黒色モデルが出て来すらしないので、いよいよ販売終了したっぽい感じがあります。

続きを読む »

Synapticsアクティブスタイラスが最近安くなっている

Synapticsアクティブスタイラスは一時は1万円以上の値をつけるなど馬鹿みたいに高騰していたのですが、誰もその価格では買わなかったのか、今では暴落しています。

ASUS TransBook T90CHI (8.9インチ)のような独特の形状・サイズのPCがお手軽にペン付きで使えて、狙い目かもしれません。

続きを読む »

Galaxy Book2が発表されるも、後継機とは言い難いスペックで扱いに困る

SAMSUNGからGalaxy Book 2が発表されましたが、SoCがSnapdragon 850 (ARM) となり、メモリも4GBで、スペック的にはむしろダウンしています。これなら基本的には初代Galaxy Bookでいいですね。

Galaxy Book2は海外で11月2日発売。日本国内での発売は未定です。

続きを読む »

Surface Pro6

Surface Pro 6とSurface Laptop 2が販売開始、10月16日発売 Surface Laptop 2は前モデルでのペンの機能制限が取り払われている模様

先日発表されたSurface Pro 6とSurface Laptop 2が日本国内でも予約受付を開始しています。10月16日発売予定。

続きを読む »

夏コミで参考展示されていた新型raytrektab (10インチ版) の情報について

追記:新型raytrektab (10インチ版) が販売開始しました。12月25日発売、価格は79,800円(税込)です。→ドスパラ通販:raytrektab DG-D10IWP

購入後の使用レビューはこちら→【レビュー】raytrektab DG-D10IWPで絵を描く


新型raytrektab(レイトレックタブ)の情報を求めて当ブログへ来られる方がそこそこいらっしゃるようなので、コミケ(C94)で参考展示されていた秋発売予定の新型raytrektabについて、現在確認できる情報をまとめておきます。

続きを読む »

raytrektab Siro販売開始、既存モデルとの違いは色とWindowsボタンの有無 既存モデルは1万円引きになりお得

※新型raytrektab(10インチ版)については 夏コミで参考展示されていた新型raytrektab(10インチ版)の情報について をご覧ください。


raytrektab DG-D08IWP Siroがドスパラ公式にて販売開始されました。raytrektab(レイトレックタブ)の新型の噂がある中で登場しましたが、こちらはあくまで性能に変化のないカラバリの位置付けであり、Windowsボタンがなくなった以外は基本的に同スペックのようです。型番もDG-D08IWPで同一。ただし画面保護フィルムが標準で付属するため、その価格分はお得になりました。

また、これに併せて既存の黒色モデルは1万円値下げしたので、色にこだわりがなければ既存モデルを購入したほうがさらにお得です。Windowsボタンについてはデフォルトでは邪魔になりますが、ソフトウェア的にオフにする方法はあるのであまり拘らなくてもいいポイントです。

続きを読む »

HP ZBook x2 G4 上位モデル販売開始 クリエイター向け、ワコムペン対応14型Winタブ

HP ZBook x2 G4 の上位モデル、デジタルアーティストモデルとプロデジタルアーティストモデルが販売開始されました。今年1月に発売された、HP ZBook x2 G4 フォトグラファーモデルからさらにスペックを高めたモンスターマシンです。

最上位となるプロデジタルアーティストモデルはスペックの向上にあわせて価格もうなぎ登りですので、むやみに一番いいのを頼むなどとは言えません。どちらかというと上位モデルより下位モデルを追加して欲しかったですね。

なおワークステーションの扱いで法人向けとなっていますが、HPの法人向け機種は個人でも買えます。

続きを読む »

【42機種】お絵描きWindowsタブレット(ペン採用機種)まとめ2017-2018

追記:2019-2020年版のまとめを作成しました。新しい機種はこちらを参照願います。


液タブのように使える、筆圧ペン対応のWindowsタブレットについてまとめました。ここでは2016年後半から2018年までに発売した機種と、2018年3月時点で発売予定の機種を一部対象としています。お絵描きWindowsタブレット(ペン採用機種)まとめ2016 に記載した機種は今回記載していないので、旧機種と比較したい方は2016年版を参照願います。

2016年版同様、画面サイズ順で記載しています。画面サイズのインチ数は対角線の長さを表すので、同じインチ数であれば正方形に近いほど面積が大きい点は注意。発売月も併記しています(海外モデルも日本での発売月を記載しています)。

今回もたいへん項目が多くなったので、目次も活用していただくといいかと思います。

続きを読む »

ワコムペン対応14型Winタブ HP ZBook x2 G4 フォトグラファーモデル販売開始

絵描き向けタブの期待の新星、HP ZBook x2 G4 Detachable Workstation フォトグラファーモデルが販売開始しました。「Windows 10 Pro 対応、最もパワフルなデタッチャブルワークステーション」と銘打たれており、その名に恥じない隙のない構成となっています。

続きを読む »

Galaxy Book 12.0の有機ELディスプレイはHDR対応ではない?

Windows 10はCreators Updateで高ダイナミックレンジ(HDR)機能が追加されましたが、スペック上でHDR10に対応するとされるGalaxy Book 12.0では、この機能を使うことはできませんでした。

続きを読む »

Galaxy Book 10.6はもうどこでも買えるようになった? 日本のAmazonやビックカメラでも買えます

日本での販売開始当初は販路が限られていたGalaxy Book 10.6ですが、最近は販路が拡大されたのか、日本のAmazonやビックカメラなどでも取り扱いが開始されています。

続きを読む »

【レビュー】Galaxy Book 12.0で絵を描く

Galaxy Book 12.0は筆圧4,096段階のWacom feel ITペンを採用した12インチWindows 10 タブレットPCです。個人輸入したものが届いたので、お絵描き目線で色々見ていきます。なお届くのを待ってる間にコストコでも普通に売られている模様。

続きを読む »

こんなことならさっさと輸入しておけばよかったGalaxy Book 12、米Amazonから日本へ直送で買えます。アウトレットならさらに安い

お絵描きタブPCとして今期最高峰ではと期待の高いGalaxy Book 12.0は、日本ではなぜかコストコ専売となってしまいました。専売というだけならともかく、発売予定の11月中旬を過ぎても入荷する気配がないのが困りものです。

そんなGalaxy Book 12.0ですが、Amazon.comでは日本への発送も行っています。しかも日本での価格と比較してもお安め。なら日本での発売を待たずに最初から個人輸入しておけばよかったのでは…?

続きを読む »