肉うどん

縦型マウス購入レビュー 手首の負担は減ったが、狙ったところをクリックしにくい問題もあり

少し前から、従来のマウスは手首をひねった状態となることから体への負荷が高く、肩こりや腱鞘炎の原因となるとして、エルゴノミクスデザインの縦型マウスが出てきています。

ちゃんとしたメーカーのものは1万円くらいしますが、中国製の何だかよくわからないやつ(有線式)だと2000円もしないで買えたりして、面白そうなので物は試しと買ってみました。3ヶ月ほど使用したので感想を書いてみます。

続きを読む »

イオシスで大量販売中のARROWS Tab Q506/MEはペン非対応とのこと

イオシスが2019年4月頃に大量入荷し、1万円弱で販売中の富士通 ARROWS Tab Q506/MEが話題となっています。

富士通の10.1型Windows10タブレット「ARROWS Tab Q506/ME」は(カタログ上では)ワコムの電磁誘導式デジタイザーペン対応モデルですが、イオシスで販売しているものにはペンが付属しないことから当ブログの別売りペンの記事にもアクセスが増えているため、記載しておくことにします。

結論から言うと、今回入荷されたQ506/MEは個別カスタマイズによりペンの機能が削除されているとのことです。

続きを読む »

PC版マギレコ(BlueStacks)の画面比率を4:3などに変更する方法

PC版マギアレコードがDMM GAMESにて配信されました。が、蓋を開けてみれば移植ではなく単にBlueStacksで動作するものでした。エミュレータ上でAndroid版がそのまま動作している状態なので要求スペックもメモリ8GB以上と無駄に高いです。

それはさておき、BlueStacksを使っているということは設定変更で色々遊べるので遊んでみましょう。※レジストリを直接編集します。自己責任でどうぞ。

続きを読む »

10インチ版raytrektab DG-D10IWPのペンの単品購入が可能になりました

ドスパラ通販にて DG-D10IWP標準デジタイザペン (raytrektab 10インチ専用) が購入可能になっています。10インチ版raytrektab DG-D10IWPに付属しているペンの単品販売です。今までは商品ページだけ作られて在庫なしとなっていましたがようやく入荷したようです。

カバータイプキーボード (raytrektab 10インチモデル専用)USB Type-Cハブ (raytrektab 10インチモデル対応) とあわせて、これで10インチ版raytrektabのオプションが一通り出揃いました。

続きを読む »

Wacom Pro Pen slim販売開始、プロペン2規格の細身のペン

Wacom Pro Pen slim (KP301E00DZ) が販売開始しました。プロペン2規格の細身のペンです。2サイドスイッチ・テールスイッチありで、機能的にはIntuos ProやCintiq Proに付属する標準のプロペン2と同等。プロペン2が太くて持ちにくい、重いといった場合にはよさそうです。

続きを読む »

10インチ版raytrektabのUSB端子周辺が極めて破損しやすいという事実を我々は知らねばならない(対策あり)

10インチ版raytrektab DG-D10IWPも発売から早1ヶ月が過ぎ、色々と微妙な点も見えてきました。

DG-D10IWPの唯一のインターフェースたるUSB type-C端子ですが、この端子の取り回しには気を使う必要があります。それがなぜかは、寄りで撮った写真を見ていただければ察していただけるかと思います。

続きを読む »

Wacom Cintiq Pro 32用 Wacom Ergo Stand (ACK62802K)

Wacom Cintiq Pro 32用 Wacom Ergo Standが販売開始

Wacom Cintiq Pro 32用 Wacom Ergo Stand が販売開始されました。ワコムストアでの価格は59,184円(税込)で、Cintiq Pro 24用のスタンド と同額です。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP用アクセサリ、カバーキーボードとUSB Type-Cハブが販売開始 8型用ペンと替え芯の在庫も復活中

ドスパラ通販において、カバータイプキーボード (raytrektab 10インチモデル専用)USB Type-Cハブ (raytrektab 10インチモデル対応) が販売開始されました。ドスパラ通販は残念ながら5,000円未満の注文では送料がかかってしまうので、必要なものはまとめ買いをオススメします。

なお DG-D10IWP標準デジタイザペン (raytrektab 10インチ専用) も商品リストに追加されていますが、こちらはまだ購入可能となっていません。

続きを読む »

【マギレコ】竜真閃光爪牙が奥義な竜真流ってヤバない?

竜城明日香の★5覚醒・ドッペル解放が発表されました。めでたい。

さて、竜城明日香のマギア「竜真閃光爪牙」は、本人によれば「これが竜真流の奥義」だそうです。冷静に考えると絶対嘘だろとしか思えませんね。

続きを読む »

ワコムfeelドライバーの現状について

ワコムfeelドライバーについてはすぐにアップデートされるだろうと思って特に話題にしていなかったんですが、いつまで経っても問題が修正されないので2019年1月現在の状態を書いておきます。

続きを読む »

【レビュー】raytrektab DG-D10IWPで絵を描く【ワコムペン搭載10.1型Winタブ】

raytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)は4,096段階の筆圧感知に対応するWacom feel ITペンを採用した10.1インチのWindows 10 タブレットPCです。購入して一通り使ってみたので、すでに店頭デモ機で確認済みのことも含め、改めてお絵描き目線で色々見ていきます。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP (10インチモデル) が受注再開(ただし納期は2週間後)

予約の時点ですでに品切れとなっていたraytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)がドスパラ通販にて受注再開しています。ただし納期は2週間後となっています。

続きを読む »

【実測】10インチ版raytrektabのペンのスキャンレートは360Hz

raytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)のワコムペンは筆圧4,096段階に加えて、低遅延&トラッキングパフォーマンスの向上をアピールしていました。しかしスペックシートには遅延やトラッキングに関する具体的な数値は記載されていません。

実際に触ってみてペンの感触は良好ですが、トラッキングパフォーマンスについて客観的に評価するため、スキャンレートを測定してみます。

ペンのスキャンレートとは、アナログなペンの動きのストロークをデジタル変換する際に、秒間に読み取る回数です。pps(ポイント/秒)またはHz(サイクル毎秒)で表現されます。当然ながら数値が高いほど滑らかに描けると期待されます。

続きを読む »

【マギレコ】秋葉原のアリナブリリアントギャラリーでホーリークリスマスキューブをもらってきた

2018年12月21日~25日 各日9:00~21:00の間、秋葉原UDX サボニウス広場にて「マギアレコード ホーリークリスマス2018 in 秋葉原UDX ~ALINA BRILLIANT GALLERY~」が開催され、一定のタイミングで「ホーリークリスマスキューブ」を配布するというので行ってきました。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP (10インチ版) の実機を触ってきたけど表面にブヨブヨしたシートが貼られてて書き味の良否は正直よく分からんかった

ドスパラ秋葉原本店などではraytrektab DG-D10IWPの実機展示が始まっていると聞いて触ってきたのですが、展示機は正直に申し上げて書き味がどうこう言える状態ではなかったというのが包み隠さぬ本音です。

続きを読む »