肉うどん

「 ハードウェア 」 一覧

10インチ版raytrektabのUSB端子周辺が極めて破損しやすいという事実を我々は知らねばならない(対策あり)

10インチ版raytrektab DG-D10IWPも発売から早1ヶ月が過ぎ、色々と微妙な点も見えてきました。

DG-D10IWPの唯一のインターフェースたるUSB type-C端子ですが、この端子の取り回しには気を使う必要があります。それがなぜかは、寄りで撮った写真を見ていただければ察していただけるかと思います。

続きを読む »

Wacom Cintiq Pro 32用 Wacom Ergo Stand (ACK62802K)

Wacom Cintiq Pro 32用 Wacom Ergo Standが販売開始

Wacom Cintiq Pro 32用 Wacom Ergo Stand が販売開始されました。ワコムストアでの価格は59,184円(税込)で、Cintiq Pro 24用のスタンド と同額です。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP用アクセサリ、カバーキーボードとUSB Type-Cハブが販売開始 8型用ペンと替え芯の在庫も復活中

ドスパラ通販において、カバータイプキーボード (raytrektab 10インチモデル専用)USB Type-Cハブ (raytrektab 10インチモデル対応) が販売開始されました。ドスパラ通販は残念ながら5,000円未満の注文では送料がかかってしまうので、必要なものはまとめ買いをオススメします。

また、DG-D10IWP標準デジタイザペン (raytrektab 10インチ専用) も商品リストに追加されています。こちらは10インチ版raytrektabに付属するペンの単体販売です。ペンを破損や紛失した際も安心ですね。

続きを読む »

ワコムfeelドライバーの現状について

ワコムfeelドライバーについてはすぐにアップデートされるだろうと思って特に話題にしていなかったんですが、いつまで経っても問題が修正されないので2019年1月現在の状態を書いておきます。

続きを読む »

【レビュー】raytrektab DG-D10IWPで絵を描く【ワコムペン搭載10.1型Winタブ】

raytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)は4,096段階の筆圧感知に対応するWacom feel ITペンを採用した10.1インチのWindows 10 タブレットPCです。購入して一通り使ってみたので、すでに店頭デモ機で確認済みのことも含め、改めてお絵描き目線で色々見ていきます。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP (10インチモデル) が受注再開(ただし納期は2週間後)

予約の時点ですでに品切れとなっていたraytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)がドスパラ通販にて受注再開しています。ただし納期は2週間後となっています。

続きを読む »

【実測】10インチ版raytrektabのペンのスキャンレートは360Hz

raytrektab DG-D10IWP(10インチモデル)のワコムペンは筆圧4,096段階に加えて、低遅延&トラッキングパフォーマンスの向上をアピールしていました。しかしスペックシートには遅延やトラッキングに関する具体的な数値は記載されていません。

実際に触ってみてペンの感触は良好ですが、トラッキングパフォーマンスについて客観的に評価するため、スキャンレートを測定してみます。

ペンのスキャンレートとは、アナログなペンの動きのストロークをデジタル変換する際に、秒間に読み取る回数です。pps(ポイント/秒)またはHz(サイクル毎秒)で表現されます。当然ながら数値が高いほど滑らかに描けると期待されます。

続きを読む »

raytrektab DG-D10IWP (10インチ版) の実機を触ってきたけど表面にブヨブヨしたシートが貼られてて書き味の良否は正直よく分からんかった

ドスパラ秋葉原本店などではraytrektab DG-D10IWPの実機展示が始まっていると聞いて触ってきたのですが、展示機は正直に申し上げて書き味がどうこう言える状態ではなかったというのが包み隠さぬ本音です。

続きを読む »

新型raytrektab (10インチ版) 予約受付開始 12月25日発売、最新のワコムペン搭載のクリエイター向けWindowsタブレットPC

以前から開発中と予告されていた新型raytrektab(10インチ版)ことraytrektab DG-D10IWPが発表されました。ドスパラ通販で予約受付開始しています。価格は73,889円(+税) で、税込79,800円。

raytrektab(レイトレックタブ)は絵描き向けとして開発され、8インチの手軽さと5万円の低価格、ワコムペンの書き味でポータブル液タブとして人気を博したタブレットPCでしたが、それ1台で仕上げまでやるのは少々無理があるため、画面の大型化やスペックの向上が望む声が挙がっていました。

なお、raytrektabの開発元はサードウェーブデジノスで、サードウェーブグループであるドスパラ専売の商品です。

続きを読む »

Wacom Cintiq Pro 24用Ergo Stand、回転固定機能を追加した改善版の販売開始 改善前の購入者への対応もあり

長らく販売停止していたWacom Cintiq Pro 24用Ergo Standが改善版となって再販されています。

従来品は、回転が必要ないユーザーから「水平に固定できない」、「ぐらつく」といった不満点が指摘されていました。改善版では背面カバーにネジ穴が追加され、ネジを取り付けることで回転が固定できるようです。

続きを読む »

Cintiq Pro 24が届いたのでUSB type-Cケーブル1本での接続などを試す

先日購入したWacom Cintiq Pro 24 ペンモデル (DTK-2420/K0) が届きました。初期不良がないかなどのチェックを兼ねて、噂のUSB type-Cケーブル1本接続を試してみました。

本格的な設置・使用は年明けの引越し後からとする予定なので、もっと具体的な使い勝手などは後日記載します。

続きを読む »

Livermoriumの横スライドQWERTYキーボード付きデバイス「Q-device」改め「F(x)」のサイトがプレオープン

Moto Z Keyboard Modを制作していたLivermoriumが、横スライドキーボード付き新デバイス「F(x)」のサイトをプレオープンしています。「F(x)」はKeyboard Mod頓挫の報告の際に、新プロジェクト「コードネーム:Q-device」と呼ばれていたものと思われます。

続きを読む »

ドスパラがCintiq Pro 24出張設置サービスを開始するも、現時点で申し込める人間がほぼ存在しない件(追記あり)

ドスパラがWacom Cintiq Pro 24の出張設置サービスを開始しました。利用料金は21,600円。サービス開始記念キャンペーンとして先着5名まで無料としています。

しかし……。当該サービスは、現時点では申し込める人間がほぼ存在しないと思われます。

続きを読む »

VAIO A12

VAIO A12発表&予約開始、ワコムAESペン対応の分離合体型2-in-1 あのVAIOがN-trigを捨ててお絵描きタブレットPCの世界に帰ってきたぞ!!

VAIO株式会社の新型2-in-1、VAIO A12が発表され、即日予約開始しています。11月22日頃出荷予定。価格は最小構成で121,800円(税抜)。

VAIO A12(個人向け) / VAIO Pro PA(法人向け)はタブレットPCとキーボードドックが合体してクラムシェル状となる、デタッチャブルタイプ(分離合体型)のPCです。

続きを読む »

raytrektabの黒色モデルが終売か、ドスパラ内の検索にも出なくなった Siroモデルはまだ買えます

ドスパラ通販にてraytrektab DG-D08IWPの従来型(黒色モデル)の在庫切れが続いています。これが単に今だけ売り切れているのかというとそうではなく、ドスパラ通販内でDG-D08IWPを検索しても黒色モデルが出て来すらしないので、いよいよ販売終了したっぽい感じがあります。

続きを読む »