「 ハードウェア 」 一覧

AutoHotKeyでraytrektabのボリュームキーを左手デバイス化する(2):ペン長押しでの右クリックの代わりに使う

この記事は AutoHotKeyでraytrektabのボリュームキーを左手デバイス化する(1):キャンバス反転と透明色切り替えを割り当てる の続きです。

raytrektab DG-D08IWP付属のペンにはサイドスイッチがないため、ペン長押しでの右クリックができない場合に困ります。具体的にはペイントツールSAIでユーザーパレットを登録するときや、お絵かき掲示板などの誤動作防止でペン長押しでの右クリックを無効化している場合など。

これはボリュームキーに右クリックを割り当てると解決できます。なお、今回の設定では常に右クリックとして扱われるため、ボリューム操作はできません。タスクトレイから操作しましょう。

続きを読む »

raytrektabの緑寄りな液晶を補正する

raytrektab DG-D08IWPの液晶は全体的に緑かぶり気味なので、緑色を減らすと白やグレー、肌色などの表示が改善します。その設定方法について。

続きを読む »

raytrektabのペン用にCS310UK用替え芯を買った

raytrektab DG-D08IWPのペンの芯は Bamboo Smart for Samsung Galaxy Note (CS310UK) などと相互に流用可能なことは 以前に確認しました。とはいえ元々の芯を差し替えて使ってみただけで別売りの替え芯を買ってはいなかったので、これはちゃんと替え芯を買って試すべきだなと思い、今回買ってみました。

続きを読む »

AutoHotKeyでraytrektabのボリュームキーを左手デバイス化する(1):キャンバス反転と透明色切り替えを割り当てる

タッチパネルで使える左手ツールTouchkeyがraytrektab DG-D08IWPに対応したのは 記憶に新しい ですが、仮想キーではなくやっぱり物理キーがいい、という向きにはボリュームキーを左手デバイスとして活用するという手段もありますよ。

ここでは Windowsボタンの無効化 で軽く紹介したAutoHotKeyを活用します。AutoHotKeyを入れていない場合は上記記事の「方法3:AutoHotKeyで機能を上書きする」のように導入してください。

続きを読む »

raytrektabのWindowsボタンを無効化する方法

raytrektab DG-D08IWPの表面にあるWindowsボタン。これはSurface Pro 3とまったく同じ方法で無効化することができます。また、アプリを入れることで別の機能を持たせることも可能です。Windowsボタンはタスクバーにもあるので、スタート画面が開きたいときはそっちを使いましょう。

続きを読む »

左手ツールTouchkeyがraytrektabに対応した件について(対応していただきました)

タッチパネルで使える左手ツール TouchKey が、raytrektab DG-D08IWPに対応しました(対応していただきました)。Touchkeyはカスタマイズ可能なソフトキーボードです。パソコンで絵を描くときは色んなツールを切り替えたりする必要があり、キーボードを駆使したりするわけですが、タブレットではそうも行かないのでそれをタッチパネル上で行えるようにするツールです。

続きを読む »

【レビュー】raytrektab DG-D08IWPで絵を描く【ワコムペン搭載8型Winタブ】

raytrektab(レイトレックタブ) は4096段階の筆圧感知に対応するWacom feel ITペンを採用した8インチWindows 10 タブレットPCです。

さっそく購入したのでお絵描き目線で色々見ていきます。

続きを読む »

GearBest 3周年セールでワコムペン対応の中華タブCube Mix Plusが安い

海外通販サイトのGearBestが3周年セールを実施しており、ワコムペン対応の中華タブ Cube Mix Plus が3月12日現在、$299.99(約34,500円)で購入可能となっています。

続きを読む »

ワコムプロペン2の替え芯が販売開始

Wacom MobileStudio Pro、Cintiq Pro、Intuos Pro(2017年1月モデル)で採用されているプロペン2の替え芯が販売開始されました。1月30日現在、ワコムストア以外での取り扱いはなく専売の模様。

続きを読む »

リモートデスクトップの筆圧感知機能でペン付きWinタブをワイヤレス液タブ化する

Windows 10のMicrosoft標準のリモートデスクトップは筆圧感知に対応しています。この機能を使って、デジタイザーペンを搭載したWindowsタブレットをリモートデスクトップでワイヤレス液タブ化するという可能性について色々書いてみます。

続きを読む »

Wacom MobileStudio Pro予約開始 11月18日発売、価格は税込181,440円から

ワコムの新Windows一体型タブレット、MobileStudio Pro 13/16が予約開始していました。11月18日発売予定。

4倍の筆圧レベル、正確さが4倍、追従性の向上、視差の軽減といった強化点をアピールする新型ペン「プロペン2」を搭載。13.3インチおよび15.6インチの各最上位モデルには3Dカメラを搭載し、その辺にある物体を3Dイメージとして取り込むことができるとのこと。

ワコムストア(直販)のほか、Amazonや家電量販店などでも予約開始しています。価格はすべてワコムストアのもの。

続きを読む »

【レビュー】富士通の六角形スタイラスペンの外観や使用感など

富士通 六角形スタイラスペン(電磁誘導ペン)icon のレビューです。本業や原稿作業があって取り上げるタイミングがなかったのですが、7月21日(木)の夜に注文して25日(月)に届きました。これは休日を挟んだために遅くなったと考えられ、平日ならもう少し早いのではないかと思います。

続きを読む »

dynabook RX82・RZ82の2016年秋モデルは先代機から何が変わったの? ペン対応は“高輝度・高視野角ディスプレイ”モデルのみか

dynabook RX82の2016年秋モデル(RX82/A)は2015年秋冬モデル(RX82/T)と何が変わったのか? パッと見た感じでは何も変わってなかったので、調べてみました。

※RZ82はdynabook RX82の直販モデルです。

東芝ダイレクト:モバイル・タブレット dynabook RZシリーズ(個人向け)

続きを読む »

富士通の六角形スタイラスペンはどこで買えるのか調べた件(追記あり)

富士通の10.1型Windows10タブレットの文教モデル「ARROWS Tab Q506/ME」 はワコム電磁誘導ペン対応で、オプションとして鉛筆に似せた六角形スタイラスペンがあります。気になりますよね。タブ本体を買いまではしないとしても、ペンだけで購入可能なら買ってみたい、という別機種ユーザーもいるのでは。ていうか私がそうなんですけど。

というわけでペンだけ買えないか調べてみました。

続きを読む »

ワコムfeelペンの最低筆圧・筆圧曲線を調整できるソフト「Tablet Pressure Curve Tool」の使い方の簡単な解説

ASUS VivoTab Note 8や東芝 dynabook RZ82、DELL Venue 8 Pro 5855などに採用されているWacom feel IT Technologiesペンのドライバでは、大ざっぱに硬さ・柔らかさを選べるのみとなっており、Intuos ProやCintiqなどに採用されているプロペンのドライバのように筆圧曲線を手動で細かく調節することができません。※旧バージョン(2014年頃)のドライバでは筆圧曲線を調整できたのですが、最近のバージョンではできなくなりました。

GUIが用意されてないだけで設定値はあるので、設定ファイルをテキストエディタで編集するとプロペン同様に変更できますが、膨大な設定値のどこを弄ればよいかも分かりづらいし、数字だけで調節するのも難しいです。 Tablet Pressure Curve Toolは、そんな筆圧曲線をグラフィカルに調整可能とするツールです。ただしそのまま使うと変更が反映されないので、使い方を解説します。

続きを読む »