肉うどん

Wacom Bamboo Inkの新型番CS321A1K0Cは旧バージョンと何が変わったのか


本文

AES/MPP両対応のペンBamboo Inkが2018年9月から新型番 CS321A1K0C に切り替わり、旧型番 CS321AK はAmazonなどではやや高騰しています。新型番になって何が変わったのか調べました。

Bamboo Inkの使い勝手については過去記事 Bamboo Ink実機レビュー。Surface Pro 3などN-trig機種では大きなメリットを感じる を参照ください。

スペックは共通

ワコム公式ではCS321A1K0Cについて触れられていないため、CS321A1K0Cを取り扱っている各ショップサイトの仕様の記載を確認しました。スペックに特に変化はないようです。以下は ワコムストアのBamboo Ink CS321AK に記載されている仕様です。

  • 駆動時間:ワコムAESモード利用時:約5ヶ月 MPPモード利用時:約2ヶ月 (単6電池、週5日、1日2時間利用の場合)
  • 筆圧レベル:4096 *デバイスにより異なります
  • 接続:Bluetooth 4.0 *ボタン利用時に接続が必要
  • パームリジェクション:デバイスにより異なります
  • 対応システム:ワコムAESテクノロジーもしくは Microsoft Pen Protocol (MPP)搭載の、Windows 10 ペン対応デバイス、ワコムAESテクノロジー搭載のAndroidデバイス、Fujitsu arrows Tab F-02K *デバイスにより異なります。対応機種一覧は、こちらをご確認ください。対応機種以外での動作は保証できません。
  • 対応アプリ:Bamboo Paperほか
  • ボタン:トップスイッチ x1 (Windows Inkでカスタマイズ可能)、サイドスイッチ x2 (アプリ内でカスタマイズ *デバイスやアプリにより異なります)
  • 製品外形寸法 (長さx直径):147 x 10 mm
  • 質量:19g
  • パッケージ内容:Bamboo Ink、単6電池、クイックスタートガイド、ペン先キット (替え芯は、ソフトx2*、ミディアムx1、ハードx1の3種類) *スタイラスに標準搭載のペン先(ソフト)を含む

※ソフマップによると、価格は CS321AK の¥9,212(税込)から、CS321A1K0C は¥9,698(税込)とちょっと高くなっています。

デザインが微妙に変わっていた

何が変わったのか? 商品画像にその答えがありました。

Bamboo Ink CS321AK

Amazon.co.jp:Bamboo Ink CS321AK

Bamboo Ink CS321A1K0C

Amazon.co.jp:Bamboo Ink CS321A1K0C

テールスイッチのデザインが変わっています。旧型番ではスピン加工とされていたものが、サイドスイッチと同様の梨地になりました。

また、クリップ部分も少し黒くなっています。

どちらを買えばよいか?

デザインを気にしなければ、実売価格で安く買えるほうでいいと思います。

なおワコムストアではBamboo InkはCS321AKのみの取り扱いとされており、CS321A1K0Cの記載はありませんが、価格はソフマップのCS321A1K0Cと揃っています。実際に購入した場合はCS321A1K0Cが届くかもしれません。

Bamboo Inkの使い勝手については過去記事 Bamboo Ink実機レビュー。Surface Pro 3などN-trig機種では大きなメリットを感じる を参照ください。