Wacom Cintiq 22予約開始、7月25日発売 21.5型フルHDの廉価版液タブ - 肉うどん

肉うどん

Wacom Cintiq 22予約開始、7月25日発売 21.5型フルHDの廉価版液タブ



本文


Wacom Cintiq 22 (DTK2260K0D) が予約受付開始しました。7月25日発売予定。ワコムストアでの価格は118,800円(税込)。ワコムストアでは購入特典として、先日発売されたワコム監修の2本指タブレットグローブ「Drawing Soul」が付属します(SサイズとMサイズが選択可能)。

Cintiq 22のスペック

  • 画面:21.5インチ フルHD 1,920x1,080(16:9、102ppi)
  • 色域:sRGBカバー率96%
  • 筐体サイズ:570mm×359mm×40 mm (スタンド除く)
  • 質量:5.6 kg (スタンド除く) / 6.5kg (スタンド含む)
  • ペン:プロペン2(筆圧8,192段階、傾き検知対応)
  • スタンド:付属 (16°~82°)

Cintiq 22は画面解像度がフルHDであり、ダイレクトボンディングでない(ペン先とポインタの距離がある)、タッチ入力不可など、上位機種のCintiq Proシリーズと比較すると価格なりの部分もありますが、最新のプロペン2(筆圧8,192段階)が使えるという点では同等です。

プロペン2対応により、サイドスイッチが3つの Pro Pen 3D (KP505) や、細身の Pro Pen slim (KP301E00DZ) といったプロペン2の豊富なオプションペンも使えます。

色域はCintiq Proに比べればやや狭めとはいえ、sRGBカバー率が96%あればWeb用イラストに使うには十分です(カラー印刷用途だと困ることもあるかも)。Cintiq Proを使っている人も、AdobeRGBではなくsRGBの色域に制限して使っているケースはよく聞きます。

ほぼ垂直まで立てられるスタンドが付属し、追加投資が不要なのはうれしいポイントです。

Cintiq 22は、画面サイズとそれに伴う筐体の大型化以外のスペックはCintiq 16と同等です。Cintiq 16の大画面版と考えてよいでしょう。フラックシップたるCintiq Proシリーズに対し、Cintiqシリーズはエントリー向けの廉価版の位置づけになっており、Cintiq 22は「安価な液タブが欲しいがCintiq 16では小さい」という方向けと言えます。

ワコム Wacom Pro Pen slim (Pro Pen 2シリーズ) ブラック KP301E00DZ

ワコム Wacom Pro Pen slim (Pro Pen 2シリーズ) ブラック KP301E00DZ

8,218円(10/14 20:50時点)
Amazonの情報を掲載しています