シャーマンキングの新作が出ると聞いて、旧作を読もうと検索したら電子書籍がすべて消滅していた


本文

シャーマンキング20周年に際して、シャーマンキングの版権が講談社に移籍したうえで新作が出ると聞いて、旧作を読みたくなったんですよ。シャーマンキングFLOWERSはちゃんと読んだことがなかったので、この機会に読んでみようと思ってAmazonなどで検索してみたら、電子版がすべて取り下げられていてびっくりしました。

少年マガジンエッジ 2018年2月号 [2018年1月17日発売] [雑誌]

FLOWERSだけでなく、本編のコミックスについても同様。いずれもすでに買っている人なら今でも読めるのかもしれませんが、私はシャーマンキングは紙の本でしか買ってなかったので確認できませんでした。

コミックシーモアによると2017年6月30日の時点で販売終了していた模様。

【重要】販売終了のお知らせ
本作品は諸般の事情により「2017年6月30日23時59分」をもちまして販売終了させていただくこととなりました。ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

シャーマンキング 1巻 :漫画(まんが)・電子書籍のコミックシーモア

なお、もちろん今後もう読めないということはなく、講談社からKC完結版(全35巻)として刊行予定とのこと。本編だけなら単行本は全32巻、完全版は全27巻なので、全35巻にはFLOWERSやシャーマンキング0なども含まれるのではないかと思われます。シャーマンキングFLOWERSは雑誌消滅で打ち切りとなったそうなのでもしかしたら今回その続きがあるのかも。

電子書籍近日刊行開始!
不朽の名作『シャーマンキング』がKC完結版(全35巻)として、全カバー描き下ろしで刊行開始!

SHAMAN KING 20周年記念特設サイト

権利関係がすべて集英社から講談社に移動しているならジャンプコミックスとしては販売継続もできないだろうと納得はできますが、出版社の都合で取り下げられてしまう電子書籍の危うさをまた感じさせられました。今回は移籍先があるからよいものの、そのままストアから消えてしまうケースもあり得るってことですよね。

本棚のスペースの問題もあり、電子書籍が出ている本は処分して、また読みたくなったら電子で……などと考えていましたが、考えを改めた方がいいかもしれません。